要らないなら買取業者が待っています|骨董品も取り扱っている

男性

使い途のない道具を売却

懐中時計

思わぬ高額査定も

京都は1200年以上の歴史を誇る都だけに、古美術品や古道具も数知れないほど出回っています。もちろん収集家の間で、高値で取引されている逸品もあります。その一方で、まだまだ人に知られていない骨董品が、自宅の倉庫や押入れに眠っている可能性も少なくありません。骨董品買取サービスを利用すれば、ガラクタ同然と思っていた品物が、予想外の高額で売れることもあります。使い途のない道具類を高く評価してもらえることが、骨董品買取の人気の理由のひとつです。骨董品買取に最も大切なのは、鑑定士のスキルの高さです。鑑定士によって、評価額に数百万円の差がつくケースもあります。歴史の古い京都には目利きの鑑定士が多く、正確な評価を下せる確率が高いと言えます。

鑑定を依頼する方法

骨董品買取は店頭に持ち込んで鑑定してもらう場合と、出張買取を依頼する場合があります。京都の骨董品買取店でも、両方に対応しているのが普通です。出張買取は品物を店まで運ぶ手間がいらないことがメリットです。重いものやかさばるものの場合には、特に助かります。運んでいる途中で骨董品を落としたり、傷つけたりする心配もありません。保存状態の良好な品物ほど、高い査定額を期待できます。箱や鑑定書などの付属品があるなら、すべて用意しておくことが大切です。ただし京都ほど古い都市になると、保存状態が悪くても高額になる骨董品が出てくる可能性があります。見た目が汚いからといって諦めずに、信頼の置ける店で鑑定を依頼してみましょう。